確実に避妊する方法とは~中絶に至らないために~

悩んでいる女性

妊娠の仕組みが分かった現在でも、どうして中絶する例が後を絶たないのか、それは確実に避妊する方法が広く知られていないからでしょう。
中絶するカップルの多くは、避妊をしていなかったか、正しい避妊法を知らなかったかのいずれかです。
望まない妊娠をしてしまった人の中には、避妊しているつもりになっていた人も多くいます。
中絶は、倫理的な是非はともかくとしても、かなりのお金がかかるし、女性の心身ともに負担のかかるものです。
ですから、中絶に至らないために、予防策としての確実な避妊を知っておくべきでしょう。

まず、手軽で確実性の高い方法は、コンドームをいつも「正しく」着用することです。
時折、挿入後射精の前に着用する人がいますが、それではコンドームの効果は半減してしまいます。
精子は射精前から微量ながらも出てきているからです。
正しくは、挿入前に着けなければなりません。
これで行為の最中に破れたりなどしなければ、ほぼ確実に避妊できます。

次に、最も確実性の高い方法としては、低用量ピルを使う方法があります。
低用量ピルは毎日飲まなければなりませんが、これを飲み忘れることがなければ、ほぼ確実に妊娠しません。
ただ、低用量ピルは病院で医師の処方を受ける必要があり、また月に2~3000円かかるので、少し手間に感じる人もいるかもしれません。
ですが、中絶にかかる費用や負担に比べれば、大したことではないかもしれません。

以上のようにコンドームや低用量ピルを正しく使えば、片方だけでもかなり確実に妊娠を回避できますし、コンドームとピルを併用すれば効果はさらに上がります。
他にも避妊法として紹介されているものもありますが、それ単体では効果が薄いものばかりですので、確実に妊娠を避けたいならば、以上の二つの方法が基本だと思ってください。
望まない妊娠に至らないよう、正しく避妊するようにしましょう。